アニメタイトル
あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行   わ行

四月は君の嘘

アニメ見終わったら☆で評価つけてます。⇒アニメ感想一覧ページ

☆:くそ ★:いまいち ★★:おもしろい ★★★:神アニメ

見るのさえ辞めた作品は×(中止)つけてます。

★★★四月は君の嘘

ナンダコレと思って見始めたものの3話でガラっと印象が変わる。

これは今まで見た中で一番泣いた神アニメ!!!

2014年10月19日 11:48

OPでウユニ塩湖的な絵使うのやめて欲しいわ

2話。

トラウマ抱えた少年が少女の演奏を聴いて世界が変わるってか?

展開読めるのはつまらんなぁ…

しかも登場する女がみんな自信家…

昔はこういうタイプ好きだったのに

(アスカ好きだったし)

最近はうぜぇとしか思えないかなぁw

1話の印象良くなかったからイメージ覆すの大変かもな…

まぁとりあえずしばらく作業用で見てみるか\(^o^)/

2014年11月12日 20:07

3話。

自分の演奏するピアノの音が聞こえなくなるのか。

精神的なものやな。

この無神経女…よくもズケズケと偉そうに…

挫折したこととかあるんか?

椿?こいつも無神経や…無神経女ばっかりやな!

と見せかけて幼馴染のことちゃんと良く考えてるんだな。

中途半端な公正を何とかしようとしてるんだな。

それにしてもなーw

お、金髪女、泣きながら頭下げた!

プロ意識あるし見直したわ←

ここで受けた公正は男だな

自転車二人乗りして四人で桜舞い散る中爆走しながら強気な発言し合うとかマジ青春…

2014年11月12日 20:42

4話。

7~8時間毎日レッスンかぁ…

冬馬かずさよりは少ないけど大変だよなぁ←

叱咤激励、そして自由な人だと言われた時に音楽が自由なのだと答えるあたり恋に落ちないわけがないわ…

あー…聞こえなくなって弾くのやめちゃった…

けど…弾き直した…!

すごい…見入ってしまった…

そして倒れるかをり…ざわ…

もしかして先が知れてる命だからこういう生き方してるとか?

倒れるまでの回想…

やだー見入ってしまうわ

二人が輝いていた(ように周りには見えた)から他の二人が揺れる…

憧れだった人から告白されたのに嬉しくない椿…

完全に四角関係やw

怖いけど何かに突き動かされて演奏する、か。

嫌になって楽譜投げ捨てても、また拾って演奏する、そうやって嘘が生まれる、か。

私たちまだ14だよ、飛び込もうよ、こうやって!

って池に飛び込むかをり…

マジ青春だわ…ヤバイ…

この作品の印象変わったわ。良いわ。

2014年11月29日 13:03

6話。

公正の家に来て物置になってるピアノを発見し、荷物を投げてピアノを吹きごめんねごめんねと泣くかをり。

どう弾きたいかイメージは?としつこく聞くかをり。

「痛みも苦しみも足掻いた自分さえも曝け出して音に自分が宿る。

そうやって、私達は生きた音を奏でる。」

名言メーカーか!かをり!

疎外感を感じる椿は気乗りしないまま先輩と付き合おうかと申し出る。

キラキラしてるなぁ…かをり…自由奔放直球勝負、

でも繊細さも併せ持つ…天才的音楽家だ。

公正を諦めきれない椿。

気持ちを抑えきれずに走りすぎて怪我をしてしまう。

公正には怪我してたことバレてて、おんぶされる椿…

ボロボロなのに涙が止まらないのに溢れ出る喜び…

心の声、切ない…心震える…!!

そしてライバル出現の予感。

2014年11月29日 14:01

7話。

昔飼ってた黒猫チェルシーと母親を思い出す公正。

励ますかをり。

青春だなぁ眩しいなぁ心震えるなぁ。

でも二人以外の話は気付いたら見てなかったわ←

2014年11月29日 14:34

8話。

武士って髪型すごいけど演奏さすが前年の優勝者か。

公正を目標として頑張ってきたんだな。

この作品、人の心を震わせるな。

カメラワークとか感情表現とかうまい。

もう一人ライバル視してる女は感情を演奏に乗せるタイプなのな。

2014年12月29日 20:07

9話。

公正に憧れて上り詰めて来た人たちの演奏を見て触発される公正。

扇情的な作品。心揺さぶられる。

かをりは大量の薬飲んでるんだ…ね…

病気の母親にスパルタと言うには酷過ぎる程の指導を受けて、母親のために、母親ためだけに頑張ってきたのに、堪えきれなくなって発した言葉。

死んじゃえば良いのに!!

それが母親に言った最後の言葉だった…

母親が死んでも数日後のコンクールで淡々と弾いたけど、黒く深く闇となり今に至るまで引きずることになったんだ…

決心して演奏始めたものの、そのことを思い出してまた音が聞こえなくなってくる…

泣いた。

聞いたことある話だ。

あたしの父が最初の奥さんに最後に発した言葉、酷い言葉、それが…最後の言葉になってしまったから。

2014年12月29日 20:41

10話。

逆境でこそ本物かどうかわかる。だって、星は夜に光るんだぜ!

…この作品本当良いよなぁ(T_T)

記憶との葛藤に負けて演奏を辞めてしまった公正…

落胆する観客、公正に憧れていた人達…

どうなるかと思いきや

アゲイン!引き直し始め、君のために、かをりのために弾くことにした公正。

演奏の変わりように戸惑う観客。

涙を流すかをり。

2015年02月11日 19:40

11話。

いつの間にか録画されなくなってる…(´;ω;`)

かをりがいたからピアノを弾くことに決めた公正。

そのことを告白されて固まるかをり。

やっぱりかをりって病気なんじゃないかと思うんだ…(´・ω・`)

2015年04月19日 14:06

12話。

録画されてなかったやつ!!やっと見るぜ!

OP変わってる…

かをりは公正のファンか。

ぶっ飛び具合はやっぱりついていけないねー慣れないww

進路の話しで花火が消えて先のことは何も考えてないやって切なげに言うとかかをり何か抱えてるんだろうなーって伏線にしか思えない。

ガラコン当日に連絡とれないかをり…

えー公正1人でやるつもり!?

2015年04月19日 14:49

13話。

1人でやる公正。

天才と言われた過去。

母親はやり過ぎだと自覚しながらも、自分には残された時間がないから必要以上に公正に厳しくしてしまっていたんだな…

技術さえあれば生きていけるからと。

音を失い母を失いかをりと出会い戻ってこれた公正。

公正自身も逃げ出すために自分が作り出した亡霊だと気づいてたんだ。

別れを告げた。被害者意識から解放されてやっと自立できた、かな。

そばにいてくれた叔母さん?のおかげだね。

そして自立しただけでなく周囲に多大な影響を与える公正。

自分もあそこまで頑張っているだろうか、と。

椿がそんな公正を見て本気で恋をし始める…つらいな。

悲しみが公正を、演奏者として成長させる…

かをり…やっぱりね…

今を一瞬をキラキラ生きれるって余命が短いってわかっ…うわあああああああああ。・(ノД`)・。

人はみんないつか死ぬのに

あたしも絶対いつか死ぬのに…

2015年04月19日 15:12

14話。

明るく振る舞うかをり…

白血病か何かかな。デジャヴなんだよ。セカチューとか。

椿の友達はよく見てるね。公正のこと弟だって思い込もうと暗示かけてるって。

無理して?憧れの先輩と付き合ってるって。

公正は母とかをりを重ねて不安になるも

明るく振る舞うかをり…余計不安になるよね。

公正と遊べず寂しい思いをしていた椿。

先輩とも公正の話しちゃって…

でも認めたくなくて。

好きと嫌いじゃないの間には何万光年もの差がある、ね…

月夜の浜辺を裸足で歩く2人…

変わったねと、溢れる思いを表現できる演奏者なんだね、と伝えると

公正は音楽科のある高校に進学する、家を出て、と告げる…

思いとは裏腹に涙が止まらず走り出す椿。

号泣しながら…

いつも音楽が公正を遠くにやってしまう。

早くに母を亡くした男の子。元気になって欲しい男の子。側にいてほしい男の子…

幼馴染の話でこんなにグッとくるの始めてだな…

2015年04月19日 16:18

15話。

先輩も気付いてたんだね。

椿のこと、ありがとうって振った。

自分だけ時間が止まっているかのように取り残されているように感じる椿。

なんだかなー共感しちゃうな。

自分の気持ちに気付きたくなくて怖くて関係ない言動取っちゃって焦って立ち止まる…。

お見舞いに何回も行こうとして引き返す公正。

電話番号教えてないのにかけてくるかをり。

夜中に歩けなくなるかをり…うわああああああああああああ

2015年04月19日 16:44

16話。

歩けなくなるって若年性筋ジストロフィーかな…

金髪ツインテの中1、なんだこいつww

かをり…ペットボトル持つのも困難なのかな…

制服着てきたのは安心させるためなんだろうな。

病院抜け出してお買い物して夜の学校探検して学校の備品の自転車で送ってもらって後ろで静かに涙を流すかをり…

公正はまだかをりが自分の友達が好きって思い込んでて

かをりも知ってて知らないふりしてるんだろうな。

ううあああ

2015年04月19日 17:12

17話。

あたしと心中しない?…嘘。言って見たかっただけ。あたしね、…

その言葉を聞いてお見舞いに行けなくなる公正。

親友が叱咤激励して行けるようになった。

中1の子のステージ。

今まで励ましてくれたように励ます側になる公正。

2015年04月19日 17:32

18話。

連弾か。

速くなる公正に食いつく中1女子。

大好きなお兄ちゃんに追いつきたいためにピアノ始めたんだね。

人が成長していくのを見るのはたまらないでしょ、って瀬戸先生。

わかってるなぁ。

演奏中、電話越しに聞いていたかをり。

公正にもう一度一緒に弾かせてほしいと言われて

もう弾けないのに…枯れた心に残酷に水を与えて

欲張りだから夢を見ちゃうよ…

って…どうなるんこれ(´;ω;`)ブワッ

2015年04月19日 19:53

19話。

また公正と演奏したいから、ほんの僅かでも希望があるなら手術を受けたい、リハビリをしたい、諦めたくない…

かをり。・(ノД`)・。かをりの言葉は音楽を聞いているように心が震える。

いや、かをりだけじゃない。登場人物みんなのセリフが琴線に触れる。

BGMも良い仕事してるんだろな。

コンクールの指もとは本当に弾いてるみたいにちゃんと描かれてるしすごいよね。

敵から多くを学び、競技者は敵同士ですら支え合う…。素晴らしいな。

かをりは親友のことが好きって思い込んでるのは公正だけだよな。みんな知ってるのに、教えないんだね…。四角関係。

それどころか、かをりは渡が好きなんだって嘘ついて、公正はあたしと恋するしかないんだよってさ…やるねぇ!

猫のようにお見舞いには来なくて良いと言ったり、それなのに突然なんでもないことで電話してきたりして公正を翻弄するかをり。

そんなかをりにやっと、恋心を認めた公正。渡にも話した。知ってるって言われたけど…

それなのに、そんな時にかをりが…!!!

病院から追い出されてトボトボ歩いていたら黒猫が轢かれる…急いで動物病院に運ぶも既に手遅れで…

嘘でしょ嘘でしょ嘘でしょ…うわあああああああ。・(ノД`)・。

2015年04月19日 20:34

20話。

大切な人達がまた…って公正そりゃ絶望するよね…

お母さんには元気になってほしかっただけなのに、かをりには恋をしただけなのに…か…

音楽は大切な人を連れ去っていく…

カヌレ食べたい。外で食べたい。

公正に背負ってもらって屋上へ…

軽くて儚いかをり。雪の中エアバイオリンを弾くかをり。

一週間もピアノ弾いてないからと諦める公正に必死で励ますかをり…

もっと知りたい、椿が羨ましい、怖い、1人にしないで。本音が溢れる。

コンクール…大丈夫か…不安に包まれるもののみんなが来てるってことに気づいた。

応えなきゃ。ピアニストなんだから。と弾き始める公正。

みんなと出会って豊かにされて色づきカラフルな音色を奏でる。

2015年04月19日 21:09

22話。最終回。

僕の中に、私の中に、君がいる。届け。届け。届け。

弾きながらかをり見る公正。

美しい幻想、輝く少女。消えていく風景。

さよならを告げる…

ご両親から受け取ったかをりからの手紙。

愛に溢れてて…

号泣した。映画さながら。

美しい映像と音楽とセリフ。

こんなに泣けるアニメは初めてかもしれない。

アニメ版セカチュー。

素晴らしかった。

2015年04月19日 23:00

感想コメ見直すと面白いなww

3話くらいまではギャグのぶっ飛びにドン引きで全然ハマれなくて見るのやめようとしてたんだなww

そして既にその頃にかをりは病気なんじゃないかって予想ついてたww

予想通りの展開なのに、秀逸だった。

セカチューより複雑な人間関係と細かいところまで計算された描写はマジ傑作。

セリフもいちいち音楽を奏でているように美しく響き心を震わせる。

ギャグは最後まで慣れなかったけどw

2015年04月19日 23:03

それでもこの作品は素晴らしい!!

本当によく出来ててシャワー浴びても興奮冷めやらぬ…

かをりのキャラクターが飛び抜けてキラキラしてて眩しくて

ああいう子大好き!!

って思ってたけど、それも余命僅かってわかってからああいう生き方になったし、公正を思うがゆえ戸惑いもあっただろうけどそれでも余生を諦めない姿、泣ける…泣けるよ。・(ノД`)・。

2015年04月22日 20:13

コンクールで最期のかをりと演奏するシーンで解せないのがさ、

行かないでよ、気まぐれでまた電話して来てよ、友人Aでもいいから、

って言ってたのに、演奏終わって泣きながらさよならって言えたのが…なんで??

どんだけ葛藤したかわからんけど別れを受け入れたってことじゃん。

良い思い出にすることができたってことじゃん。

あんだけもう演奏者として終わるかもしれなかったくらいなのに…

かをりとの約束だから?

みんながいてくれたから?

にしても、数分で出したさよならって言葉…理解しかねるぅ(´;ω;`)ブワッ